「毎日カジノで過ごせたらな…」なんて夢見るギャンブラーは沢山いるかと思います。そんなことを願うのは、決して変なことではありません。2018年まで、法律でカジノ設立が禁止されていた我が国日本でさえも、カジノ人気が高まっており、世界各地では、何の宣伝をしなくても多くの人々を引き寄せる現象が起こっているのです。

そんな魅力がたっぷりのカジノの内装は、できるだけ長く中にいてもらえるように設計されています。スロットマシンの前に座りながら、もっとギャンブルに投資するためのお金を稼ごう、とプレイヤーは必死になります。この現象がクレイジーだと思う方は、きっと現実を目の当たりにしていないのではないでしょうか?悲しいことにも、最低賃金の給料で働いているために、カジノに入る余裕すらない人は大勢いるのです。たいていのカジノでは、入場料としてまず5000円を支払わなければなりませんが、この入場料はカジノにとっては貴重な収益源となっています。

そこで今回は、カジノに頻繁に行くことができない人のために、自宅にカジノルームを作る方法を紹介しようと思います。自宅にカジノがあれば、完全に無料ですし、気兼ねなくプレイできます。気になる方は、続きをご覧ください!

まずは、カジノルームとして使えそうな部屋を探してください。カジノルームに最も適した場所は、ガレージです。というのも、ガレージはスペースが広く、大音量で音楽を流しても、他の家族の邪魔になりません。どのスペースに作るか決めたら、次は、飾り付けです。カジノの装飾のアイデアは、Pinterestで簡単に見つけることができますが、今回はその一部を紹介します。個人的におすすめなのは、赤い壁に、赤い絨毯です。赤色尽くしはあまり華やかなイメージではありませんが、カジノっぽさを十分に味わうことができます。また、壁掛けのランプを購入するといいでしょう。壁掛けランプは、場所を一気にトーンアップし、他の部屋とは異なる印象を与えてくれます。もしカジノの記念品やギフトを持っている場合は、それらを壁に飾ったり、壁にテープで固定したりしてみてください。

そして、カジノルームの装飾が終わったら、ついにゲームフロアを作っていきましょう。まず、ポーカーテーブルを用意してください。ポーカーテーブルは、多くのトランプゲームにも使用することができます。テーブルとトランプさえあれば、すぐにポーカーナイトやブラックジャックナイトを開催できます。クラップスのテンプレートをプリントアウトして、いくつかのサイコロを用意することもできるでしょう。つまり、ポーカーテーブルはほぼすべてのカジノゲームにおいて必要不可欠なのです。筆者が一番おすすめしたいのは、安めの「テーブルスロットマシン」を見つけることです。これは小さくてコンパクトなのに、お手頃価格で見つかります。

ゲームフロアが完成したら、屋根裏に残っているスピーカーを探してみたり、Amazonで安いスピーカーを買ってみたりして、音響をセットするのもいいでしょう。一見、無駄なように見えるかもしれませんが、スロットマシンで何時間も遊ぶのが好きなら、BGMとして流す音楽は欠かせません。あと最後になりますが、カジノルームのもう一つのおすすめアイデアは、ミニバーを購入することです。ミニバーがあれば、ビールやドリンクが欲しい時にいつでも飲めるようになります。

いかがでしたか?この記事を気に入ってくれた方は、カジノルームのデザインに関する他のコンテンツも読んでみることをおすすめします。また、上記のほかにも何か追加すべきことがあれば、遠慮なくコメントを残してください。では、またお会いしましょう!